[クラウド型デジタルサイネージ]きっと e! Channel

概要

デジタルサイネージは店舗や街中での広告として利用されています。
さらにはオフィスサイネージとして、社内の情報共有ツールでコミュニケーション活性化など働き方改革にもつながります。

デジタルサイネージで 「見える化」
きっと e! Channel

サイネージ導入におけるメリット

きっと e! Channel メリット
●『楽』して情報発信
手間のかかるコンテンツ作成も、「きっと e! Channel」であれば簡単。
Webサイトの情報であれば「見せたいところだけを切り取って大きく表示」できる、クリッピング機能があります。

クリッピング機能

オフィスサイネージの活用シーン

●情報格差を解消、プッシュ通知で簡単情報共有!
 [活用業務] 社内広報
社内広報

●状況を的確に把握し、生産効率UP!
 [活用業務] 生産管理
生産管理

●最新情報は現場に共有、能動的に活動!
 [活用業務] 物流サービス
物流サービス

●報告業務の手間を削減し、労働生産性の向上に!
 [活用業務] 営業・生産部門との業務調整
営業・生産部門との業務調整

さらに『楽』にサイネージを運用

きっと e! Channel with RPA

デジタルサイネージとRPAを組み合わせることで情報共有「見える化」がより手軽になりました。
見せたい情報はいつも通り作成するだけで、RPAが「見せる化」をサポートします。
人手作業は表示された 情報を見るだけ になりました。

RPAは「きっと e! Channel」だけでなく、さまざまなソリューションとの組み合わせで定型業務を効率化します。
「きっと e! Channel」と「RPA」で働き方改革をサポートします。

資料請求やお客様からの ご質問を受け付けております。 TEL 093-551-1051 受付時間 10:00~17:00 (土・日・祝日除く)

PAGETOP